インプラントが出来ない人もいます

入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になりますので高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかも知れませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材で出来ているからです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。その全額が自費になるのが普通です。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いですね。

インプラント治療

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。しかし、気に留めておくべきポイントがあります。それは何より、インプラント治療をうけることができないケースもあることです。いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことをいいます)、糖尿病などで治療をうけている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればすさまじく長い間保たせることができるでしょうが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らないといけないというのが痛いところです。